あかりの訪問看護

「あかり」に込めた想い

マザー・テレサ(1910~1997年)は「もっとも貧しい人々のために働くこと」を使命とし、ホスピスや児童養護施設を開設していきました。本人は質素な生活をし、路上生活者やごみ捨て場に捨てられた幼児を施設に収容するといった活動を続け、宗派を問わずに全ての貧しい人のために働き87歳でこの世を去るまで、人々のために尽くした人生でした。

マザー・テレサは
「暗いと不平を言うよりも、あなたが進んで明かりをつけなさい。」という言葉を残しています。
この格言は、物事に対して不平不満を言う前に、自らが希望や目標となって現状を変えていくことが大切であるということを述べています。自分の置かれた環境の悪さに不平を言うのではなく、自分から進んで行動し、その環境をより良いものとする光を与えられるようにしなさいという想いを、あかりという名前に込めました。

飢えた人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされていない全ての人、愛されていない人、誰からも世話されない人のために働くき、困っている人達に必要な施設を作り、愛をもって全ての人々のために働いたマザーテレサのように、私たちは在宅看護でお届けしたいと思っています。
マザーテレサ
Top