「訪問看護ステーションあかり」は一般社団法人療養生活支援協議会が運営しています。

お問い合わせ

NEWS

2024.04.01
「ホームドクター2024中央区版」に情報掲載しました!
2023.12.18
事務局が同ビル8階に移転しました。
2023.07.14
リクルート情報で新しい職員紹介があります。
2023.07.05
言語聴覚士が新しく仲間になりました。
2023.04.01
有料サポートサービスのご利用条件を変更しました。
2023.02.03
節分イベントに参加しました。
2022.01.18
新しいロゴマークを発表します。

事務局移転のお知らせ。

一般社団法人療養生活支援協議会の事務局と「訪問看護ステーションあかり」本部が札幌KSビル401から同じビルの803へ移転しました。
住所・電話・FAX番号は今までと同じです。
お問い合わせやご相談は同様にご連絡ください。

今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

あかりのシンボルマーク

一般社団法人 療養生活支援協議会では皆様に訪問看護の理念と親しみやすさを広くお伝えしたく、太陽をモチーフにした新しいシンボルマークを作りました。
「訪問看護ステーションあかり」の名前から光=太陽の光とし、暗闇には一筋のひかりとなり、またさんさんと降り注ぐおひさまの光となって社会を明るくしたいと考えております。
その光を表している8つの△は儒学の八徳を意味としました。

仁・義・礼・智・忠・信・考・悌 それぞれの意味は

仁・・・思いやり、慈しみ。
義・・・人道に従う事、道理にかなう事
礼・・・人の踏み行なうべき道に従う事
智・・・物事を知り、わきまえている事。
忠・・・真心。心の中に偽りがない事。
信・・・言葉で嘘を言わない事。
考・・・おもいはかる事。
悌・・・家族のように仲が良い事

厳しい時代を乗り越えてきた高齢者の皆様を尊敬し、安心して過ごしていただけるよう誠心誠意お支えしたいと思います。
お日様のような存在になりたい

訪問看護ステーションあかり

「医療・看護・介護」の連携における看護・セラピストの重要性

地域包括ケアは、介護予防や医療、生活支援などのサービスを地域で一体となって提供し、高齢者の生活を包括的かつ継続的にサポートするシステムです。

住み慣れた環境で自分らしい生活が継続できるよう、「訪問看護ステーションあかり」は看護とリハビリテーションで皆様の療養生活をサポートいたします。





地域包括システム

営業時間のご案内

訪問看護ステーションあかりの営業時間は以下の通りですが、緊急時訪問看護加算(介護保険)または24時間対応体制加算(医療保険)の契約をされている方は、オンコールにて対応しています。

活動
時間
午前
9:00

12:00
午後 13:00
〜18:00
※土日・年末年始は休業日ですが、主治医の指示やご依頼があれば
休日に関わらず訪問いたします。
緊急時対応として電話相談や臨時訪問をします
24時間体制をとっています。

認定作業療法士を取得しました!

訪看ステーションあかりに勤務して3年、自分自身の知識や技術を高めたいと思い、認定資格を取得しました。
日々の業務での悩みや自分の取り組みを振り返り、今後の訪問サービスの質を高めるために令和5年度の日本作業療法士学会(全国学会)で発表することができました。

これからも知識や技術を活かした活動ができるよう頑張っていきますので、ぜひご相談ください!

認定作業療法士:作業療法の「臨床」「教育」「研究」「管理運営」に関して、一定の水準の能力を持つ作業療法士であり、取得者は日本作業療法士協会会員の約2%。

杉山 瞬 5年かけて頑張りました!
お問い合わせ